■ ナチュリエ「ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」

naturie_skicon.jpg

つい先日書いたとおり、私にとってもっとも思い入れが強く、そしてずっと飽きることなく大好きでいるであろう化粧水は、アルビオンのスキンコンディショナーです。これさえ使っていれば、基本的に肌荒れも少ないし、その名の通り肌のコンディションをベターな状態でキープしてくれます。

が、やっぱり化粧水としては少々高い部類。コットンパックのためにばしゃばしゃ使うのはしのびない・・・というわけで、サブの安価な化粧水を使用しています。以前は無印良品にお気に入りの化粧水があったのですが、いつの間にか型落ちしてしまって入手できなくなってしまいました。

その代わりになるものを・・・というわけで使い始めたのがナチュリエの、その名も「ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」でした。

>>全文

■ デオナチュレ「ソフトストーンW」

softstone.jpg真夏の日差しがまぶしいので季節感のあるアイテムを取り上げます。

毎年6月ごろから制汗・デオドラントグッズの広告が目立ち始めるのですが、今年は電車内でしきりに広告を見かけた商品があります。それがデオナチュレのシリーズ、特に「ソフトストーンW」です。

ちょうど「今年もそろそろデオドラント買わなきゃなー」と思っていたところだったので、あまり手を出さない直塗りタイプのデオドラントですが、ためしに買ってみることにしました。

>>全文

■ アルビオン「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」

2009/08/11 [火] 化粧水, アルビオン

albion_essential.jpg昨年9月に結婚の決まった私は、結婚式の日をベストな肌コンディションで迎えるためのたゆまぬ努力を行ったわけですが、その時に使った様々なスキンケアラインナップの中で、ブライダルエステを除いては一番の功労賞だったと思うのが、アルビオンの鉄板化粧水「スキコン」こと、「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」だったと断言します。

スキコンというのは私にとっては非常に思い入れの強いアイテムで、その思いはアルソアの石鹸に対する思いと非常に近いものがあって、つまりは「昔は経済的に使い続けることが難しく、手が届かなかったアイテム」なのです。

そんなスキコンを、結婚式が近いからという理由で購入する幸せ、これはもう格別でした!

>>全文

■ RMK「クリーミィファンデーション」

2009/08/05 [水] コスメ, RMK

rmk_foundation.jpgなんと前回の更新から一年近くが経過してしまいました。

このブランク期間に何をしていたかというと、結婚していました(笑)

前回更新した08年9月に結婚が決まり、その後はもう準備、準備、準備で日々が過ぎ、5月末に無事結婚式を終えました。その後仕事にも復帰し、ようやくビヨブロを再開させる運びにまで至った、というわけです。

結婚式までの半年ぐらいというのはもう、美容に命をかけまくった時期でもありました。その時期に使ったもののレビューも含め、またぼちぼち書いていきたいと思います。

さて復帰後1つ目のアイテムはファンデーション。ファンデーションといえば07年の9月にラ・プレリーの「スキンキャビア コンシーラー・ファンデーション」について書いて以来ですが、このファンデーションもリピート使いした後はなんとなく他のものに食指が動いてしまい、そこで新たにトライしたのがRMKの「クリーミィファンデーション」です。

>>全文

■ クリニーク「モイスチャー サージ EX」

clinique_moisturesurge.jpg
そろそろ本格的に夏も終わりの気配ですが、夏の間に書きそびれたエントリをひとつ。

春先に購入したソフィーナの乳液が8月の始め頃に使い終わり、さて真夏には何を使おうか、と考えました。

夏なのであまり重くないもので、でも冷房などの乾燥にも強いものを、というわけで選んだのがクリニークの「モイスチャー サージ EX」です。

>>全文

■ ESS「パパウォッシュ・ホワイト」

papawash_white.jpg
アルソア「クイーンシルバー」のエントリを書いた時に、「かつて特定のサロンでしか買えなかったアルソア石鹸がネットで買えるようになった。いい時代!」というようなことを書いているのですが、アルソア以外にもそう思うことがいろいろあります。

私がスキンケアに興味を持ち出したのは今から10年以上前の話になるわけですが、当時はまだネットが始まったばかりの「テレホーダイ」の時代でしたので、オンラインショッピングというのはほとんど存在せず、通販は従来の電話&郵便によるものでした。

そしてスキンケアとか化粧品というのはわりと通販業界と密接なところにいて、「通販限定ブランド」というのが数多く存在していました。ファンケルしかり、DHCしかり。なのでファンケルがショップを開いたり、DHCがコンビニ販売を始めたりというのは、当時から考えるとそれらのブランドが非常に「近くに来た」感のある動きでした。

そんな「近くに来た」ブランドのひとつがESSの「パパウォッシュ」です。

>>全文

■ LUSH「ヴィーナス誕生」

2008/08/29 [金] クレンジング・洗顔, LUSH

lush_venus.jpg
もうとっくに書いたと思い込んでいたら書いていなかったアイテムがあったのでエントリー。

すでに何度か書いていますが私は洗顔が大好き。なので洗顔料のたぐいはいろんな種類を試してみたくなるのですが、スクラブ洗顔も好きなタイプのひとつです。

週に1度は洗顔後のパックをしますが、それとは別の日に、やはり週1ぐらいでスクラブをすると、ディープクレンジングシャンプーじゃないですが「たまった汚れもちゃんと落とした」という気分になるんですよね。

スクラブ洗顔料を出しているメーカーは意外に限られているような気がするのですが、その中で何度かリピートしているのがLUSHの「ヴィーナス誕生」です。

>>全文

■ ラブドロップス「ティアベイビー ビューラーマスカラ」

lovedrops_mascara.jpg
マジョリカマジョルカの「ラッシュエキスパンダーNEO」を使って以来、どうも私の目(まつ毛)にはコーム型のマスカラが向いていることがわかりました。というわけで新しいマスカラも、なにかコーム型を、と思って探してみました。

ここ1、2年、アイメイクはどんどん濃くなる傾向にあるので、メーカー各社がこぞって様々なマスカラを販売し、特にドラッグストアコスメが百花繚乱のジャンルでもあります。

そんなわけで私もドラッグストアでいろんなマスカラを見てみて、「今回はコレにしてみよう」と買ってみたのが石澤研究所の「ラブドロップス」ブランドから出ている「ティアベイビー ビューラーマスカラ」、通称「泣けるマスカラ」です。

>>全文

■ ニベアボディ「薬用ホワイトニング ストレッチアップ」

nivea_strechup.jpgまだまだ暑いですが何となく夏が終わりに近づいていて寂しい今日この頃です。私はもともと暑い暑いと言いながら夏がいちばん好きなので、日が短くなっていくこの時期は非常な物悲しさを感じます。

とはいえ、暑い。

お風呂上りのボディケアに、3月ごろ使い始めたボディショップの「ストロベリー ボディバター」はまだかなり残っているのですが、この暑さの中でで「ボディバター」のたっぷりオイルリッチな感じはとてもベタベタして耐え切れません。そこで夏の間はいったんお休みして、その間に使っているのがニベアボディの「薬用ホワイトニング ストレッチアップ」です。

>>全文

■ オルビス「ディープクレンジングシャンプー」

2008/08/17 [日] ヘアケア, オルビス

orbis_deepcleansing.jpgシャンプーをいつするかという点において、私は100%「夜派」です。よっぽど遅い時間に疲れて帰ってきて、「明日の朝でいいや〜」という場合を除いては髪は夜に洗います。

朝、ワックスなどをつけ、さらに髪をしばって1日負担をかけた髪の毛や頭皮をマッサージしながら洗い流し、さっぱりした状態で寝るのはやはり気持ちの良いものです。

ヘアケアというのは一般的にその名の通り髪のケアが第一ですが、同じように頭皮のケアも、健康な髪のためには大切だといわれています。少し前に美容師さんに「ディープクレンジングシャンプーの類ってやったほうがいいんですかね?」と聞いてみたところ、「それはやったほうがいいですね。男性に比べれば少ないですけど女性も頭皮に脂がたまって、それが髪の傷みや抜け毛の原因になりますから」との談。なるほどそうか、と思って購入したのが、オルビスの「ディープクレンジングシャンプー」です。

>>全文
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9